FC2ブログ

プロフィール

reikochan

Author:reikochan
年 齢:50歳
居住地:首都圏
お仕事:おばちゃん事務員
その他:かなり引きこもって暮らしてます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

~初めていらっしゃった方へ~


浮気者、借金王の夫と離婚を決意したわたくし。
定期預金はあったけど、
それと同じぐらいの貸越と借金があって。
ほぼプラマイゼロのところからのスタート。
お金を貯めて、親に話をして、すったもんだした挙げ句に、
2008年11月に離婚成立。
ローン付きのマンションを維持することになってしまったため、
結構大変なことになってるけど、
ちまちま節約して繰越返済しつつ
頑張って生きていこうという日記です。

離婚を決意するまでの経緯については
はじめまして~其の壱~はじめまして~其の弐~
をご覧くださいませ♪



スポンサーサイト



歯科その後。

10月3日に抜歯してもらってきた。
なんとなく軽く考えてたんだけども、直前になってから抜歯後の痛みやケアなどをネットで調べ、いきなり不安に。
血の塊「血餅」が取れてしまい、傷口がふさがらずに骨の一部が露出する「ドライソケット」になり、痛みが長引くこともあるらしい。
漠然と、抜歯した翌日は硬いものは食べられないだろうから、ゼリー状のドリンクの類を買ってきて、それでも飲んでおけばいいかなと思ったけど、その、「吸う動作」で血餅が取れちゃったりすることもあるんですって。ダメじゃん。

実は、翌週7日から旅行に行く予定があった。大阪で一泊して、そこから奄美大島へ。2泊して飲んだり食ったり泳いだりする予定。
「一週間経っても痛みが取れません」みたいなのを見かけるにつけ、もしかしてモノ食ってる場合じゃないのかもと心配に。
台風が来たり、体調不良でキャンセルかもって人が4人中2人いたりで、いっそキャンセルになってくれればって思ったりもした。

当日の予約は14時。言われるままに予約を入れたけども、時間もかかるんだろうし、もうちょっと早い方が楽だったのかもと思ったけど、後の祭り。ま、変えてもらおうと思っても無理だったかもしれないけど。
歯医者に行くのが嫌なのもあって長年放置しまくったのに、もうあっちもこっちもそっちも削られまくりで本気で辛かった。
もちろん麻酔かかってるからガツンとくる痛みがあるわけじゃないんだけど、痛みがなきゃいいってもんでもなく。
あの削られる時の音も匂いも感触も、唾液を吸われるのも風でスカスカするのもものすごくイヤだった。
んでもって抜歯。歯を抜くのってよくわかってなかったんだけど、要するに力技で引っこ抜くのね。
根っこしか残ってなかったところは歯茎を削って(多分)無理矢理むき出しにして引っぱる。
前歯のそっぽを向いた歯はそのまま無理矢理引っぱる。
痛くはなかったけど「あーーー」という気持ちにはなった。
特に前歯は虫歯だったわけでもなんでもないからね。
ただ生えてる方向が見当違いだっただけのことで。
麻酔のおかげで痛みがないのであんまり実感はなかったけど、うがいをしたら結構な流血をしていて、あぁ歯を抜くってこういうことだったのかって。
その後、調整に調整を重ねて仮歯を装着。
見た目だけはきれいになって帰宅した。

麻酔が切れたら痛みが来るかなと思ったけど、別に痛み止めを飲むほどではなかった。
麻酔が切れてからレトルトのおかゆを食べてこの日は就寝。
翌日起きても痛みはさほどでもなく。
翌日会社でちょっと疼くかなと思った時に1錠飲んだけど、それ以外は飲まずに済んだ。
出血は抜歯翌日夕方まで続いて、血よだれで布団をちょっと汚したけど、月曜日には治まってたみたい。
そういう意味で、一気に4本抜いちゃった割には軽く済んだ方だと思う。

ただ問題は、仮歯の違和感。
下の前歯4本が1つの塊になってるんだけど、内側がちょっと雑な造りで出っ張りが気になる。
右下の奥歯、左上の奥歯はそれぞれ3本が1つの塊になっていて、特に右下の奥歯で物を噛んだ時の違和感がかなりある。
上の歯は自分の歯なのに、プラスチック同士で噛んでるような違和感。
2~3日はほとんど噛めないような状態だった。
最近は慣れてきたのか、他の歯で噛むようになったのか、あるいはそんなに噛んでないのか普通に食べてはいるけれど。

仮歯と歯の間に食べ物が挟まるのもとても気になる。
歯ブラシで取れるような感じではないので、それが臭ったりしたら嫌だなと思って、先週金曜日の夜に歯間ブラシで掃除をしようと思ったら、志半ばで仮歯が取れた…。
翌日、翌々日は予定があったので、入れ歯安定剤的なもので固定してやり過ごし、週明けに取れちゃったんですけどーと電話をしてみたら平日は18時45分までに受付を済ませないといけないらしい。
就業後にダッシュで帰っても、駅に18時45分着。徒歩で10分や15分はかかるので、どう考えても無理。
最短の土曜日(って今日ですね)12時に予約を入れ、今日固定してもらった。

おそらくこの仮歯状態が最低でもあと1ヶ月や2ヶ月は続くものと思われる。
心配なのは、今感じている違和感が、仮歯の素材によるものか、それとも長年何もなかったところに歯が入ったことによるものなのかということ。
前者ならセラミックの歯が入ったら感じなくなるものかもしれないけど、後者ならずっとこんななのかも。

次の予約は11月14日。
そこでもまだブリッジが入るわけではなく、奥歯を削って仮歯がもっとしっかり固定されるようにするらしい。
先はまだ長いなー。

でもまぁ、ガッチャガチャな下の歯がちょっとは見栄えがよくなった。
これはそのままで構わないと自分で言った八重歯2本のせいも相まって(下の歯4本の隣がちょっとそっぽ向いてるし)、ガチャガチャ感は残ってるけど、でもまぁコンプレックスまみれだった時に比べればまったくマシ。

とりあえずは早いとこセラミックの歯が入ることを願いつつ、仮歯に耐えて乗り切るだけ。
先は長いけど頑張ろう。

話せば長いことながら…(プチ閲覧注意、かも)

もしも親が見ていたらとか、知り合いが見ていたらと思うと書きづらいこともあるわけで。
でもどこにも書けないのでここに。

私は歯並びが悪いのがコンプレックス。
八重歯が2本あるのはまだしも、下の前歯がガチャガチャで、噛み合わせどころの騒ぎじゃない。
子供の頃、母が矯正させようしたら、父が「可哀想だからやめろ」と止めたらしい。
私のコンプレックスはこれだけじゃないので、「歯並びがよかったら素晴らしい人生が」なんてことはなかったと思うけど、こんなにひどいことにはならなかったと思う。

ひどい?
そう、ひどいにも程があるんです。
結婚前、虫歯があって実家近くの歯医者に通ってた。
治りきらないうちに結婚して引っ越し→編プロ入社。最初は仕事量を加減してもらってたのに、なし崩し的に激務に。そのまま歯を放置すること25年。
もともと治してもらってた歯は、もう忘れちゃったけど、確か神経を抜いて仮の詰め物をしてたとこだったような気がする。
そんな状態で放置しちゃったもんだから、徐々に虫歯の穴が大きくなり、たまにぽろっと欠けたりなんだりもして、奥歯が1本ほとんど残ってない。
それだけじゃない。
「今年の目標:ちゃんと顔を洗う」ぐらいの日常を送っていた頃、きっと歯磨きもおろそかだったんだろうね。
加えて、若い頃に極端なダイエットの挙げ句に過食嘔吐をしていた時期があって、多分そのせいなんでしょう。他の歯もボロボロ。
あーなんか虫歯になってるなーとか思ってるうちにどんどんひどくなってきて、同じくほとんど残ってない奥歯がもう1本。
それ以外にもこまごました虫歯がいろいろ。

最初の虫歯がボロボロになり始めた頃から、こんな状態のまま放置した歯を見せたくないと思うようになった。
このブログを初めてしばらくした頃、あとからできた虫歯がとても痛んだ時期があって。とりあえず毎日鎮痛解熱剤を飲んでしのぎ、余裕ができたら歯医者に行かなくちゃと思ってはいたものの、そのうち痛む段階を通り過ぎ、また歯医者が遠ざかった。

会社の健康診断で数年に1回歯科の検診があり、受けなければいけなくなったら会社を辞めればいいかとか、死んじゃえばいいかとか半ば本気で思ってた。結局、歯科検診のお知らせが入った昨年度の検診では、「歯科検診は希望しません」と言って受けずに済んだけど。

たまに以前派遣で一緒した仲間で集まったりすると、お互いいい年だから、健康の話になることが多い。この間は歯の話に終始してしまい、私はほとんど加われないまま、というか話を振られたくなくて小さくなってた。そのせいだけではないけれど、以降一度も会ってない。

虫歯がいっぱいあるから、口臭とかもあるんじゃないかなと気になって、会社にいる時、特に人と話をする時にはガムを噛むようにしている。
何人かで食事をしたり近い距離で話をしなきゃいけない時は、ブレスケアの類を使用する。

会社の昼休み、ご飯を食べた後に歯を磨くんだけど、結構な頻度で歯の話になる。私は何も言えなくて人の話に相槌を打つだけ。

こんなじゃ一生後ろめたい思いでいなければいけない。一生引け目、負い目を感じて生きなくてはいけない。誰にも言えず、隠し事をして生きなくてはいけない。
そんな気持ちがつらくなって、でも一般の歯医者さんには相談できなくて、審美歯科にカウンセリング希望の連絡をしました。

最初に出てきたカウンセラー?の女性は、私の送ったメールをまったく見てなかったみたいで、何のために書いたのよと不信感が募ったけれど、代わって出てきた女性の歯科医は、親身に相談に乗ってくれた。
レントゲンを撮って、たまに口を開けて見てもらいながら説明を受けた。
そこの歯科はあくまで審美歯科で、保険診療は行ってくれないらしい。
いろいろ話をした結果、根本しか残っていない2本の虫歯と私のコンプレックスの源、鏡で見るたびに悲しくなり、いろいろ詰まって不便で、絶対人に見られたくない下の前歯、合計4本を抜歯し、セラミックのブリッジにしてもらうことになった。びっくりするぐらいの金額をかけて。
保険で治療してもらえる一般歯科を訪ねずに審美歯科1軒で決めてしまったこと、正直本当によかったのかどうか悩んでる。
ただ、ほとんど残ってない歯を何とかするにはブリッジ、部分入れ歯、インプラントのいずれかしか方法がなく、入れ歯はイヤ、インプラントは高いとなったらブリッジしかありえない。長いことワイヤーを入れたりせずに短期間に歯並びを治すには削ってかぶせるしかないんだからしょうがない。
まずはひどいところを取り繕ってから、ひどくない虫歯を普通の歯科で治してもらうのがよいのかな。

とりあえず吐きそうになりながら(奥歯なので奥まで押し込まれてぐえっとなる)歯の型を取ってもらって帰ってきた。仮歯ができるのに1ヶ月ぐらいかかり、10月3日にゴリゴリやって仮歯を入れてもらうことになる。
実際にセラミックの歯を入れるのは、歯茎の状態が固まってからということで、3~4ヶ月、長ければ半年ぐらい先らしい。

歯並びの悪さ、根本だけ残った虫歯のせいで、食べ物がいろいろ挟まって結構大変。気になって舌で探るもんで、舌が傷ついたりして痛い。
人前で笑った時に、「あんなに歯並びが悪いのに治さないのかな」と思われてそうでつらい。
どうも歯ぎしりをするらしいんだけどもマウスピースとか作ってもらうとかどう考えても無理。
歯の話題になった時に厭世的な気持ちになる。
歯医者の看板を見かけるたびに嫌な気持ちになる。

そういう悩みが、あと1ヶ月もしないうちに、とりあえずのところ解消されるのかと思うと不思議な感じ。

前までだったらすぐに「まぁ最悪死んじゃえばいいか」と思っちゃってたけど、猫とそれからもう一人、どんな存在だかよくわからない人のおかげで「死ぬまでは生きよう」「猫より1日でも長く生きよう」と思えるようになった。
いいこと、なんだよね、多分。

実は暇。

2012年度に大きな組織改正があったんだけど、たった3年でさらなる組織改正が。
前回の組織改正で3つの拠点が一緒になった私の所属部署。今回はそのうち1つがよその拠点に行ってしまったこともあり、実はいま私、結構暇なのである。
去年までは毎日結構忙しくて、バタバタしたまま一日が終わってた。
今年は大きなイベントがないこともあって、何をしたらいいんだかわからない時間が長い。
一日が異様に長いし、それはそれで苦痛なわけで。
うむー。

いろいろ書きたいことはあるんだけど、ついついダラダラしちゃってなかなかまとめられない。
ここって誰か見てるのかな。
昔、ここの投稿を打ち出しして親に状況を教えたことがあるんだけど、別ブログはブックマークしてるもののこっちは特に見てる様子はなかった。
近いうちにまた書きますね。

なんとかやってます。

違う道を模索した方がいいのかなぁと悩みながらも、まずはもう1年同じところで働くことを選んだ私。
実は今年、誕生日で50になります。
もう1つ年を取ろうと取るまいと、ここまで来たら一緒なのかもしれないけど、50代よりは40代の方が多少は就職において有利かもしれないと思わなかったと言ったら嘘になる。
ただ、休みの取りやすさ、働く環境、薄給ながら自分が希望すれば第2の定年まで働けるであろうことを考えると、なかなか思いきれなくて。逃げかもしれないけど、とりあえずこのまま働き続けることを選んだ。
でも、今年度もまた経理の自主診断(拠点同士で互いに監査を行う)があったり、おそらく公認会計士の監査が行われたりすることを考えると、逃げたいなーと思う。
責任を持つのは上長だし、名目上、監査対応は上長ということになっている。
だからって上長が準備するわけじゃないし、説明したり問い合わせに対応したりするのは私に決まってる。
この薄給でそういうのに対応するのは間違ってると思うし、そもそも部内の唯一無二の経理担当が、本来「事務補助、業務補助」と契約書に謳われてる契約社員であってはいけないと思う。

…とここで文句言っててもしゃーないんだけどね。

他に書きたいこともあるので、また改めてゆっくりと。
とりあえず私も猫も元気ですってことで。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE